<< 無題 | main | 無題 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.11.27 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    星野監督「ワシ(鷲)を育てた」

    0
      タイトルは「イーグルス=鷲じゃん!」っていう僕の思い付きです。
      どうも、kobaです。

      話題に乗り遅れるのがすごい遅くなりますが、楽天優勝しましたね。

      思えば、すごいですよ。
      だって2005年ですよ、楽天がパリーグに参入したの。

      10年たたずに優勝とか、そんなことあるのかって話です。

      昔、甲子園決勝で惜しくも負けた駒大苫小牧のエースが楽天に指名され、今や日本球界のエース。

      楽天設立時にいたエース、岩隈も今やメジャー。

      とても、設立が10年に満たない期間で創設された球団とは思えない、選手の活躍に改めて驚きです。


      さて、前置きの世間話はこれぐらいとして、今日は話を2個書いていきたいと思います。
      とりあえずまずは、長ったらしい上に他人の関心を引き付けない、僕の読書の話です。

      僕は今年の4月始めらへんから、話の知識を広げたくて1週間に1〜2冊のペースで本を読んでいます。

      読む本は、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」・伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」などの小説から、昔流行った養老孟司の「バカの壁」、羽生善治の「決断力」などのような教養本まで、ジャンルを特に選ばず。

      電車通学なので、電車内の時間で本を読むことにしています。
      なので、全体的にそこそこ充実した日々を最近は過ごしていると思います。


      ……さて、ここまでは優等生っぽい感じですが、kobaクオリティはここから本領発揮。

      困ったことに、だいたいは読んだ本の内容を忘れてしまいます。


      さすがに小説は展開と結果をそのまま覚えているのですが、他のになると意外と抜けが多いです。

      例えば、「この前読んだ、敬語の本の内容言ってみろよ」なんてフられたらもう駄目です。

      本は確かに読んだし、内容も読んだ時は分かっていた。


      ただなんというか。

      本を読んだ時に、その内容は別に特に自分にとって目新しい発想ではないんですね。

      だから、「あーなるほど。これについてはこう考えるのか。そういう見方も分かるなぁ」といった具合で、なかなか本の内容を「頭に入りこんだ異物」としては受け入れてくれないようです。

      僕としては、新しい価値観、つまり異物と出会うことが本を読むことの意義であると思っています。

      まぁ、ですがそういった書籍はなかなか少数であると思いますし、どれも別に真剣に理解しようとするような、目新しい考えではない一般論ばかりな本が多い気がするな、というのが半年ぐらい読書をしていた僕の感想です。


      ……で、そういったことをこの前大学の友人に話したところ、



      「読みが浅いんだよ」



      の一言であっさり突っ返されました。


      いや、まぁ……。
      そう言われると、ねぇ?


      ほら、なんか僕の半年の読書って何だったんだろ、みたいな?
      アハハハ・・・・・・


      ……。



      ……………。





      ………………………。



      え、えーと。

      じゃあせっかく今回、友人とのエピソードを紹介したので、今度は別の友人の話でも話そうかな!

      こちらはチクリとした発言も何でもない、ただの平和なエピソードです。

      僕は毎週、金曜日は2時間目から授業をとっています。

      僕の時間割の中では金曜は一番慌ただしい曜日で、2時間目から行くので、結構寝不足です。

      ですが、幸いにも2時間目の授業は僕の友達がいるおかげで、何とか毎回寝ずに済んでいます。

      もちろん、授業中に友達と話しているわけではないです。


      しかし、別に「僕が授業をしっかり受けているから、友人もまじめに授業を受けている」といったロジックが成り立つわけではなく。

      その2人の友人の内の1人はよく授業中に寝たり、スマホをいじっていたり……といった、絶対にどの教室にも一人はいる、お世辞にもまじめとは言い難い生徒です。


      ――さて、10月のある日。

      例によってその友人は、授業中寝っぱなしの完全試合を成し遂げ、終業を告げるチャイムが鳴ってようやくムクリと起き上がりました。

      小さく伸びをして、「あー、よく寝た…」とつぶやきながら、プリント・筆記用具などをカバンにしまいます。

      その友人の真後ろに座っていたkobaは「お前、本当良く寝るなぁ…。というか、よく授業中寝られるね」と苦笑。


      ちなみに見下してるわけではなく、ただ単純に僕自身が教室の机で寝づらいので、寝っぱなしになれる友人の集中力(?)に感心していてた事から出た発言です。

      そんな僕の発言の意図を知ってか知らずか。

      その友人はなぜか余裕の面持ちで「楽勝だよ」と答えました。


      いやいや、何故ドヤ顔をしてるのかわかりません。


      ……とりあえず、その友人のおどけた様子はいつものことですし、いちいち気にしていると精神を病んでしまいそうなので心の中で適当に折り合いをつけ、再び話を続けます。

      「でもさ、俺授業中とかって寝れないんだよね。思うんだけどさ、なんで寝られるの?」
      と続けて質問。

      やはりこれも特に咎める意味はなく、僕の純粋な興味によるものです。


      さて、どんな返しが来るのか。


      そう思って友人の返事を待っていると、意外にも即答はなされず、「えー……」とやや戸惑い気味。

      まぁ、実際自分の行動原理の説明することは意外と大変なように思えます。


      しかし、ほどなくして、その友人は納得の答えがひらめいたよう。

      宙に浮いていた視線を僕に戻し、穏やかな口調、表情と、なんとも達観した様子で語りかけました。





      「気の持ちようだよ」




      ……この気持ちは何だろう。(by谷川俊太郎さん)


      あたかも一流の匠が、弟子に「技術は言葉では表せないんだよ」と優しく言い聞かせるような口調です。

      なんなら、「NHK プロフェッショナル仕事の流儀」とか「情熱大陸」に出てきそうです。


      「もしかして授業中に寝ることは、芸のように深い道を極めた者にしかできない芸当なのではないのか……!?」
      と、思わせるような謎の説得力でしたが、それにしては僕の周りにはその芸の体得者が多すぎな気がします。

       

      そんなわけで、この日は、個人的に10月の中でのMVPに輝く名言が飛び出したこともあり、驚くほど眠気が吹き飛びました。

      やっぱり、言霊の持つ威力ってすごいですね。

      目に見えないエネルギーの流れが大地から足の裏を伝わってきた感じです。(←大袈裟)


      ……はい、というわけで今日の日記は特に大きい山場もない感じで終わりですが、最後に一つだけ。

      こうして今考えてみると、友人の謎の説得力もさることながら、どっちかというと僕は結構ちょろい人間なんだなと自己分析しながら思いました。

      なんというか、詐欺に引っかかる人って、僕みたいに相手の雰囲気にのまれる・気圧される人間なんじゃないかと思いますね。

      今後、人生は嫌が応にも長そうなので、気をつけたい話ではあります。


      「あ、そういえば昔サクラに引っかかりそうになってたなー……」とかそういう黒歴史は考えない方向で、今日の日記を終えたいと思います。

      それでは!


      <追記>
      前回の将棋の局面図の件について。

      なんでか編集の手違いで、6一に銀がいましたが、ただしくは7一でした。
      6一に銀がいると、普通に飛車、角を清算させる順で詰んでますので、4四角は必要ないですね。


      <更に追記>

      これ、もしかして角打たなくても普通に詰んでる気がしてきた。

      当時は全然気がつきませんでしたが、即詰み説濃厚です。
      僕もまだまだです。

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.11.27 Wednesday
        • -
        • 22:56
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        • まっくら クライ クライ
          ボッスン (11/28)
        • たまには自分の将棋でも語らせてください。
          koba (11/09)
        • たまには自分の将棋でも語らせてください。
          ボッスン (10/23)
        • 明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く
          koba (10/09)
        • 明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く
          ボッスン (09/13)
        • 時々、考えてることを他の人に見抜かれるんだけどあれ何なの?サトラレ?
          koba (09/13)
        • 時々、考えてることを他の人に見抜かれるんだけどあれ何なの?サトラレ?
          ボッスン (08/29)
        • 24時間テレビで、夏休みの終わりを実感するのは自分だけじゃないはず。
          koba (08/29)
        • 24時間テレビで、夏休みの終わりを実感するのは自分だけじゃないはず。
          ボッスン (08/28)
        • 24時間テレビで、夏休みの終わりを実感するのは自分だけじゃないはず。
          霧吹きジャック (08/28)
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM