<< 明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く | main | たまには自分の将棋でも語らせてください。 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.11.27 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    マックの月見バーガーが好きなのはおそらく自分だけじゃないはず。

    0

      期間限定のグラコロより、僕は月見バーガーの方が好きです。
      どうも更新を長らくしていなかったkobaです。

      学校が始まって、更新するタイミングを完全に逸してました。
      たまの休みは僕の個人的な趣味である将棋に費やしていたので、完全に更新する時間がなかったですね。

      というのも、今でこそ学校が始まってほぼ3週間経ったわけなんですが、夏休み明けの登校当初は、2コマの授業で疲れていたkoba。

      久々に受ける専門科目の難しさに頭を抱え、久々に受ける授業の長さに頭を垂れ…といった感じで最初の1週間を過ごしていましたが、今では何とかまともに授業を受けられるようになりました。

      ですからね、やはりあれです、長期休暇の後の1か月は学生としてのリハビリ期間みたいなものなので更新停滞も許してほしいなと(ry



      …さて、言い訳100%の好調な出だしを見せたところで、今日の日記を書いていきましょうか!

      まずはこの前、バイト先の駐車場のごみをとっていた時のことの話でも。

      えー、まず前提知識として。
      僕のバイト先の駐車場と言えば、ホチキスの針が大量に落ちていたこともある猟奇的な現象の発生場所として知られています(※過去の日記参照)。

      ですが、今回の話ではそういったものはなく、ただ単純に駐車場近くを通っていた一般通行人の話です。


      さて、話は1週間前のこと。
      その日もいつものように駐車場のごみを拾って片づけるkoba。

      少し話は飛びますが、駐車場の清掃というのは、実は結構駐車場に行ってみないと実態がどうなっているのか分からないことが多くて。

      何も捨てられておらず、クリーンな気分で過ごせる日があったと思えば、夜中に駐車場で酒盛りでも始めてたのかなんなのか、缶やスナック菓子、タバコの吸い殻が散乱していたりして、とても苦労する日もあります。

      酷い時には、もう露骨なまでに酒盛りをしていたことを匂わせる一升瓶が放置されてあったりと、やりたい放題です。過去記事だと、マグロの切り身とかですかね。


      ですが、大体の日はタバコの吸い殻やビニール袋、それから領収書や何かの包み紙などの紙ゴミがほとんどで、そういう日はそこそこ気楽に掃き掃除するわけです。


      で、ここで話を戻して。
      1週間前の駐車場の様子は、いつもと同じく、いくつかのごみが捨てられている状態の至ってノーマルな状態。

      それなりに慣れた感じで、サッササッサ…とほうきがけをしていると、犬を連れたおじいさんが駐車場横の道を歌いながら歩いているのを見つけました。

      正直な話、歌っている内容はだみ声でよくわからず、ともすればただわめいてるだけのような気もしたのですが、当人はいたって愉快そうに犬を散歩させつつ大声で楽しそうに歌っています。


      「朝の散歩で開放的になってるんだろうなぁ…」と思って、おじいさんを見るのをやめ、元の掃き掃除に戻ろうとした時。

      ふと、散歩していたおじいさんの足音がピタリと止まりました。
       
      「あれ?」と思っていると、おじいさんが今までの大きい声ではなく、小さい声で。
      散歩している犬に語りかけました。


      「あのなぁ……母さんはもう、いねぇんだよ」

      一言消え入りそうな声でつぶやいた後、何事もなくそのまま元通りのだみ声で歌い、朝の少し冷えた空気の中を散歩していきました。

      あまりに突然のことだったので、そのまま呆然としたまま朝の街へ消えていく一人と一匹を見送っていましたが……今思うとあれですね、こんな時、どんな顔をすればいいかわからないの。

      朝の冷たい空気がひんやりと体を包み始める10月。
      それとは関係なく、何か良くわからないぞわぞわした寒気を感じた一週間前の出来事でしたね。


      ……えぇ、今回のバイトの話題は語り尽くしてしまったので(←早い)、ここからちょっとまじめな話をしますとですね。
      普段、何気なく見過ごしてるようですが、やはり一人一人にストーリーがあるわけですよね。

      おそらく僕の友人は一人残らず、僕の知らないところで苦しんでたり、何かと戦ってた過去があったと思います。


      今回はこうしてバイト中、
      何故か偶然にも一人の歴史を垣間見てしまいましたが、やっぱり光だけじゃなく、影もあるから人間は面白いんだろうなと、影ばかりの人間が思う次第です。

      地元の友人や大学の友人とサシで飲食しながら話すと、自分が知らない相手の一面が出てくる事が多く、「普段の明るさの裏に、こんな過去があった」とか「いつもなら言えないけど、俺はこう思ってる」とか話してくれ、考えさせられます。

      こうして思うのは、色々な光、影その他が全部ミックスされて初めて、その人が構成されているんだなということですね。

      僕が愛読している漫画の一つ、3月のライオンにも「好きなヤツも 嫌いなヤツも 山程いたが 間違いねぇ ―今の俺はその全部のカケラでできている」というセリフがありましてですね、えぇ、やはり今まで出会ってきた全ての人々に僕は感謝しています
      (露骨な就活対策)


      ……さて、似合わないちょっとまじめな話を置いといてですね。最後に一つだけ。

      光と影の話で思い出したんですけど。
      高校生時代、フランス革命を題材とした世界史劇「革命の光と影」というタイトルで、僕がナポレオン役を無理矢理やらされてクラスの失笑を買った思い出は墓場まで持っていこうと思います。

      しかも、「革命の光と影?うわっ、ちょっと中二っぽい!」という指摘を受けたんですが、あれは何を隠そう僕の発言から生まれたものというわけでですね、本当になかったことにしたいです。


      誤解を防ぐために当時の流れを説明させてもらうと、

      クラスメート1「劇のタイトルどうする?」

      クラスメート2「班長に決めてもらおうぜ!」

      koba(高校二年生。当時、班長を押しつけられている)「え、俺かよ……。そうだなぁ、劇で扱う内容がフランス革命かぁ。やる内容的には、革命しようとして立ち上がったロベスピエールとナポレオンの二人がいて、一人は処刑されたけど、一人は英雄扱いされたってことだよね。まぁ、同じ革命を起こそうと思った二人でも、なんというか革命の光と影みたいなね…」

      クラスメート1「うん、それでいいよ」

      koba「え?何が?なんかいいの思いついたの?」

      クラスメート1「革命の光と影、ってタイトルで良いよ。
      面倒くさいし

      クラスメート2「光とww影www カッコいいなナポレオンさんwww

      koba「おいちょっ、まてよ!タイトルはみんなで考えよう!」

      クラスメート1「…………これでよし、じゃ劇の名前も台本に書いたことだし、先生に提出してくる!」

      koba「えぇ……こんなときだけ作業早っ…!」

      ……みたいな感じで、僕はむしろ被害者だと主張したいところですが、班長の承認を待つ間もなく、班員の全員一致という数の暴力に屈して、当時は僕自身の名誉革命の必要性を感じました。


      もちろん、当日の劇は「革命の光と影」などという壮大なテーマを、凡庸な高校二年生達が完璧に表現できるはずもなく、恐怖政治を敷いたロベスピエールが割と序盤で殺され、その後に謎展開で一躍フランス社会に降り立ったナポレオンが活躍、王からの戴冠で劇終という、完全に名前負けしたものとなりました。

      ナポレオンの戴冠式が終わってなかなか次の展開が始まらず、先生や他の班のクラスメートの「で、続きは?」みたいな声が矢の如く、鋭く飛び交う教室。

      「え…こ、これで終わりです……!」と班長が文字通り非難の矢面に立ち、結局不名誉な扱いを受けたということが僕の「光と影」のなかでも「影」のエピソードとなっているわけです。


      ……まぁ、なんといいますかね。

      きっと光より影の方が僕は多いと思います。


      はい、そんな黒歴史邁進中の日記を書いて、今日も終わりたいと思います。
      さぁて、次は何週間更新を放置してやろうかなぁ?


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.11.27 Wednesday
        • -
        • 17:36
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        • まっくら クライ クライ
          ボッスン (11/28)
        • たまには自分の将棋でも語らせてください。
          koba (11/09)
        • たまには自分の将棋でも語らせてください。
          ボッスン (10/23)
        • 明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く
          koba (10/09)
        • 明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く
          ボッスン (09/13)
        • 時々、考えてることを他の人に見抜かれるんだけどあれ何なの?サトラレ?
          koba (09/13)
        • 時々、考えてることを他の人に見抜かれるんだけどあれ何なの?サトラレ?
          ボッスン (08/29)
        • 24時間テレビで、夏休みの終わりを実感するのは自分だけじゃないはず。
          koba (08/29)
        • 24時間テレビで、夏休みの終わりを実感するのは自分だけじゃないはず。
          ボッスン (08/28)
        • 24時間テレビで、夏休みの終わりを実感するのは自分だけじゃないはず。
          霧吹きジャック (08/28)
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM